Top Player Interview ~DJ F.A~


―今回はMADOKA CUP予選暫定4位のF.Aさんにお話を聞かせていただけるということで、貴重な機会をどうもありがとうございます。CosmicRaise.netのgirlsaidと申します。今日はよろしくお願いします。

F.A「F.Aです。こちらこそよろしくお願いします」


MADOKA CUPについて

 ―まずは大会の印象をお聞きしたいのですが、どうでしょうか。 

F.A「かなり人の集まる大きな大会になりそうだなぁ、という印象ですね。KACに匹敵するぐらいのアツい決勝戦になることは間違いないと思うので楽しみにしています。あと課題曲のバランスがいいですね。皿、縦連、ソフランと色んな要素があって、穴がないプレーをしなければ勝ち上がれない、という印象です」

―ありがとうございます。VJ ARMYなんかはかなり意表をついた選曲だったかな、と思うんですが、さすがにソフランにはお強いですね。 

F.A「そうですね。課題曲だと今はむしろTHE BLACK KNIGHTAAに苦戦しています」 

―ちなみにどんな譜面がお好きなんでしょう?

BITTER CHOCOLATE STRIKERみたいな腕押しができる速さの高密度譜面が大好きですね。あまり多くないのでもっと収録してほしいところです」 

F.Aさんは灼熱もDIAVOLOAAAを出していて穴がないタイプ、という印象ですが、特にFAXXHADESなどが得意で、投げられるのが怖いという話もよく耳にします。 

F.A「やっぱり得意ですね。今回の大会でも荒らしキャラ的な感じで、ここぞというタイミングで投げようと思っています(笑)」 

―苦手とするプレーヤーが多い中で、どうして武器にするまで得意になっていたんでしょう? 

F.A「昔の話なんですけど、CS7thBPM160HS2とかでやっていたので、自然と詰まっているのが見えるようになったというのがありますね。あとはやっぱり自分でも得意みたいだと気づいてから、極めていけば武器になるんじゃないかな、と意識して練習してきた面もあります」 

―ギアチェンなんかは結構するんですか?

「ほとんどしないですね。FAXXは一回だけやりますけど。FHSも違和感が強いので基本的には使わないです」



キャリア、ランキングへの姿勢

―プレー歴は結構長いんでしょうか? 

F.A「五鍵から入ってIIDX7thぐらいまでACでやっていて、少し離れた期間を挟んでHAPPY SKYから再開という感じですね」 

―おお、かなりの期間ですね。そこまで長くモチベーションを維持している秘訣はなにかあるんでしょうか? 

F.A「わりとムラがあるタイプなので、WRなどで粘着していて全然成果が出ないとやめたくなることもあります。でもやっぱり自分で決めた目標に到達できないと悔しいので、心が折れるその度に乗り越える感じですね。昔はあまり他のプレーヤーを意識していなくて、ひたすらランキングの数字だけを見ていたので、特にIRWRには全力を尽くしています」

―ランキングありきといったかなりストイックなプレースタイルなんですね。 

F.A「ランキングからオプション表示がなくなってしまったのなんかも本当に残念です。あと、運指なんかも全然意識したことがなくて、1048式って言葉さえ、Resort Anthemの頃まで知らなかったぐらいで、手元よりもひたすら画面を見てピカグレが出ることをがむしゃらに意識する感じでした」

―攻略法を意識するプレーヤーが近ごろ多い中ではそういうスタイルはむしろ新鮮かもしれないですね。印象に残っているIRWRはありますか? 

F.A「なんと言ってもまずはGOLDFAXXWR5位を取れたことですね。上を目指すきっかけになったと思います。それからRALcWRLBさんと煽りながら競い合っていた頃は本当に楽しかったです。ランキング以外だと冥の初AAAもかなり印象に残っています」 

―なるほど、きっかけがFAXXとはさすがという感じがします(笑) LBさんのお名前があがりましたけど、他にライバル視したり意識したりしているプレーヤーなどはいらっしゃいますか?

F.ATANMENさん、JASTYさん、YOZUCAさん、UNA-10さんあたりの今アクティブにしているプレーヤーは特に意識していますね。UNA-10さんにはこの間の打劇のリベンジもしたいのです。あとはALI-NAさんの穴の無さも怖いですね。意識という意味では、ライバルされている人から弱点を見つけられてしまいやすいので、苦手な曲は触らないように、みたいな意識もあります」 

―大会を意識するとなると普段のプレーの中から勝負が始まっているということですね。KAC2012にも関東地区大会に出られていましたけど、どうでしたか?

「一昨年は課題曲に不満がありモチベーションがなかったんですが、それは言い訳だったと思い直して、KAC2012は絶対出るぞ、というつもりでがんばりました。地区大会ではかなり緊張もしてしましたけどいい経験でしたね」

 

最後に

―F.AさんはIIDX以外の音ゲーもやられるんでしょうか?

「最近はSOUND VOLTEXDIVAなんかもやっていますね。特にSOUND VOLTEXは一時期メインになっちゃいそうなぐらいで危なかったです(笑) でもスランプのときに他のゲームをやったりすると、リラックスになったりしていいですよ。」

―おっ、これを読んでいる方へアドバイスでしょうか?(笑)

「まあ、そんなところです(笑)まずは諦めないことが本当に大事だと思うので、目標を決めたら達成するまでひたすらやる、というつもりでがんばってください」

 ―では最後に、F.Aさんなりの大会の見どころは?

 「自分のプレーだと、さっき言った通り運指を特に決めていないんですが、こんな運指でもこれだけスコアが出る。運指に縛られなくていいんだ、って思ってもらえたらうれしいです。あとギャラリー目線だと、やっぱりDOLCE. vs TANMENの対決を見る機会があったらうれしいですね」

 ―誰が勝つかわからない大会になりそうですね!

 「当然優勝を目指しているので、みなさん期待していてください!」

 ―今日はありがとうございました。

 「こちらこそありがとうございました!」